投稿

資金調達 ・ファクタリングの窓口vistia

【PR】






























































【PR】
















ファクタリングとは

ファクタリングは、企業が未回収の売掛金(債権)を手持ち資金として現金化するための金融取引です。売掛金は商品やサービスの提供後に発生する顧客からの支払いを指し、これを早期に現金化することで企業のキャッシュフローを改善する手段として利用されます。

ファクタリングのメカニズム

ファクタリングは通常、以下の手順で行われます。

  • 売掛金の発生: 企業が商品やサービスを提供し、顧客に対して請求書を発行します。
  • ファクターへの売掛債権譲渡: 企業はファクター(ファクタリング会社)に対して未回収の売掛債権を売却または譲渡します。
  • 前払いの受取: ファクターは売掛債権の一定割合(通常は80〜90%)を即座に企業に前払いします。残りの割合は回収後に支払われます。
  • 回収と残払い: 顧客が請求書額を支払った際、その額からファクターが前払いした分と手数料を差し引いた額が企業に支払われます。
  • 買掛金管理: ファクターは回収業務を引き継ぎ、企業の代わりに顧客から支払いを受ける責任を負います。

ファクタリングの利点

ファクタリングは企業にいくつかの利点をもたらします。

  • キャッシュフロー改善: 未回収の売掛金を現金化することで、企業の資金繰りを改善し、運転資本の確保に役立ちます。
  • 信用リスク軽減: ファクターは顧客の信用リスクを評価し、債権回収のリスクを分散するため、企業のクレジットリスクを軽減します。
  • 債権回収業務のアウトソーシング: ファクターが債権の回収業務を引き受けるため、企業はその負担を軽減できます。
  • 割引手数料: ファクターは手数料として一部の売掛債権額を差し引くため、割引手数料に見合う利益が得られることがある。

ファクタリングと似た金融取引

ファクタリングと似た金融取引には以下があります。

  • 買収ファイナンス: 企業が未来の売掛金を売却し、資金を調達する手段。ファクタリングと異なり、回収業務は企業が担当することが多い。
  • 貸付保証: 金融機関が企業の請求書に基づく売掛金を保証し、企業に即座に資金を提供する。返済は企業が行う。
  • 不良債権譲渡: 売掛債権の中で回収が難しいものを金融機関に売却し、一時的なキャッシュを得る手法。

まとめ

ファクタリングは企業が未回収の売掛金を現金化し、キャッシュフローや資金繰りを改善する手段として利用される金融取引です。ファクターが債権回収業務を引き受けるため、企業はリスク軽減や業務のアウトソーシングの利点を享受できます。